スズキ技研 沿革

ホーム > 会社情報 > 沿革

●沿革

1933年

東京都江東区に鈴木貫一が鈴木工作所を創業。藤倉電線(株)<現(株)フジクラ>の協力工場として電線電纜の付属品加工を主に行う。

1949年

電気通信省(現NTT)の指定製造業者として認定を受ける。

1952年

通信ケーブル浸水障害を防止するための、ガス封入方式を確立する。

1953年

資本金200万円をもって、株式会社鈴木工作所に改組する。

1958年

世界最初のガス漏洩検出装置および乾燥空気供給装置を実用化。

今日のガスケーブル方式の基盤を築く。

1965年

増資により資本金1,261万円となる。

1968年

千葉県市川市に工場を新設。

1970年

増資により資本金2,400万円となる。

1981年

ガス圧遠隔測定システムに使用する圧力発信器を製品化。通信・ガスケーブルの分野にはじめて電子機器を導入する。

1988年

社名を株式会社スズキ技研に改称。

1989年

光線路支援システム用装置(FITAS)の第1号機をNTT浦和~熊谷間に納入する。

1990年

光路線支援システム用装置(FITAS・AURORA)の本格的導入に伴い、第3工場を増設する。

1997年

ISO9001認証取得

2000年

ISO14001認証取得

2005年

NTT新配線法の採用に伴い小型スプリッタモジュールの納入を開始する。

2007年

市川市から環境保全協定に基づいた環境管理活動で表彰される。

2010年

市川市から「いちかわ子育て応援企業」に認定される。

2010年

千葉県社員いきいき!元気な会社に宣言する。

2015年

子育てサポート企業として、厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受ける。